押山大玉村長「村民の声を村政に反映」 2期目初登庁で決意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
村職員から花束を受ける押山村長(右)

 任期満了に伴う大玉村長選で再選を果たした押山利一氏(67)は24日、初登庁した。任期は同日から4年。

 押山村長は村役場前で支援者や職員から拍手で迎えられ、花束を受けた。職員を前に訓示し、「1期目で示した村づくりの方向性に向けて着実に職員の皆さんと話し合いながら進めていく」と述べた。また村民懇談会を開催し、「村民の声を村政に反映させていきたい」と決意を示した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区