新人・黒田氏「住みやすい町つくる」 広野町長選・事務所開き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
対話の行政を目指す黒田氏

 任期満了に伴い11月14日告示、19日投票で行われる広野町長選に立候補を予定している新人で元副町長の黒田耕喜氏(65)の後援会事務所開きが3日、同町折木で行われた。

 黒田氏は「町民と共に歩み、対話の行政を基本とし山積する課題の改善、解決を進め、住みやすいまちづくりに向けて全身全霊で取り組む」と決意を述べた。

 井場俊一後援会長、塩史子(ちかこ)町議らが激励した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区