「期日前投票」5918人増 いわき市長選・4日間の前回同期比

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 10日投開票のいわき市長選で、4日から始まった期日前投票は7日までの4日間で1万8827人が投票を済ませた。2013(平成25)年の前回市長選の同時期と比べて5918人上回っている。

 市選管によると、期日前投票者数は初日の4日が3270人(前回同期比1185人増)、5日が4040人(同1081人増)、6日が5426人(同2130人増)、7日が6091人(同1552人増)で、いずれも1日当たり1000人以上増加している。

 市選管は「期日前投票の周知が浸透してきた」と分析。前回の期日前投票者数2万8866人(6日間)を上回ると予想されるが、近年の選挙では期日前投票者数の割合が増加傾向にあり、全体の投票率が上がるかは不透明だ。

 期日前投票最終日の9日は、市役所東分庁舎のほか小名浜、勿来、常磐、内郷、四倉、遠野、小川、三和、田人、川前、久之浜大久の各支所と好間、中央台両公民館の計14投票所で午前8時30分~午後8時に投票を受け付ける。JRいわき駅前のラトブでは午前10時~午後8時に投票できる。