伊達市長選、高橋市議が出馬意思固める 3人目、選挙戦公算大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い来年1月21日告示、同28日投開票で行われる伊達市長選で、市議の高橋一由氏(65)が立候補の意思を固めた。

 同市長選を巡っては、現職の仁志田昇司氏(73)=3期=と元県議の遠藤保二氏(69)が出馬の意向を示している。ほかにも立候補を探る動きがあり、選挙戦となる公算が大きい。

 高橋氏は福島民友新聞社の取材に対し、「初心を忘れず、伊達市に利益をもたらせるようにしたい」と述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け