伊達市長選、須田氏が出馬へ 4人による選挙戦か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い来年1月21日告示、同28日投開票で行われる伊達市長選に、同市梁川町出身で県北農林事務所長の須田博行氏(58)が出馬する可能性が高まった。市内の複数の政党、団体関係者らが擁立に向けた最終調整を進めている。

 伊達市長選を巡っては、いずれも無所属で、現職の仁志田昇司氏(73)=3期=と元県議の遠藤保二氏(69)、伊達市議の高橋一由氏(65)が立候補の意思を固めており、4人による選挙戦となる公算が大きい。

 須田氏は宇都宮大農学部卒。県農林水産部次長・農村整備担当、同農村計画課長、同農林技術課長などを歴任している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区