新人・遠藤氏の擁立内定 社民、衆院選福島5区候補者で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 社民党県連は24日、福島市で記者会見を開き、次期衆院選福島5区の候補者について、党県連常任幹事で新人の遠藤陽子氏(67)=いわき市=の擁立を内定したと発表した。同日中に党本部に公認を申請した。早ければ25日に党本部が承認する。

 遠藤氏は富岡町出身、東京音大卒。中学校の音楽教諭などを務めた。2011(平成23)年の県議選双葉郡選挙区、13年の参院選福島選挙区に立候補した。