「市民が誇れるまちづくりを」 清水いわき市長が2期目初登庁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花束を受ける清水市長(右から2人目)

 10日投開票のいわき市長選で再選を果たした清水敏男市長(54)は28日、2期目の初登庁をした。任期は同日から4年。

 清水市長は市役所本庁舎正面玄関前で大勢の職員や支援者に迎えられ、花束を受けて庁舎に入った。

 清水市長は「次の50年に向けて魅力あるまち、市民が誇れるまちづくりを進めたい。皆さんの期待に応えられるよう誠心誠意、頑張っていく」とあいさつした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ