元市議の荒川氏、立候補を正式表明 相馬市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い12月17日告示、同24日投開票で行われる相馬市長選で、元相馬市議の会社役員荒川五郎氏(69)は30日、無所属で立候補することを正式表明した。

 荒川氏は「子育てや独身者の結婚に対する支援、農家を育てる専門学校の誘致、県と協調した企業誘致などを進めたい」と述べた。

 荒川氏は南相馬市生まれ。札幌大経済学部卒。相馬市文化団体連絡協議会長。相馬市議3期。前回2013(平成25)年の市長選にも出馬し、落選した。