元福島県職員・須田氏が立候補表明 伊達市長選、4人の争いに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い来年1月21日告示、同28日投開票で行われる伊達市長選に、元県北農林事務所長の須田博行氏(59)が9日、無所属で立候補することを表明した。

 同市長選を巡っては、いずれも無所属で、現職の仁志田昇司氏(73)=3期、元県議で新人の遠藤保二氏(69)、伊達市議で新人の高橋一由氏(65)が出馬の意思を示しており、これで4人となった。このほかにも出馬に向けた動きがある。

 須田氏は県庁で記者会見を開き「県職員として培った行政経験や知識、各団体とのパイプを生かし、今後の人生を伊達市発展のために尽くしたい」と述べた。