新人・木幡氏が初当選 福島市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う福島市長選の投開票が19日行われ、無所属の新人で前復興庁福島復興局長の木幡浩氏(57)が初当選を果たした。いずれも無所属で、再選を目指した現職の小林香氏(58)、新人で元県議の桜田葉子氏(60)、新人で幼児園長の法井太閤氏(72)との4人による激戦を制した。

 任期は12月8日から4年間。

 投票率は47.92%で、前回を1.18ポイント下回った。