元市部長・門馬氏が出馬正式表明 南相馬市長選、選挙戦へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い来年1月11日告示、同21日投開票で行われる南相馬市長選で、元市経済部長で市議の門馬和夫氏(63)は24日、無所属で立候補することを正式表明した。

 門馬氏は「教育や子育て、医療など市民にとって身近な問題の解決に取り組みたい」と述べた。

 門馬氏は同市原町区出身。東北大工学部卒。市経済部長や市立総合病院事務部長などを経て2014(平成26)年に市議に初当選した。

 市長選では、現職の桜井勝延氏(61)=2期=が立候補を表明しており、選挙戦が確実な情勢となっている。