元市議会議長・伊藤氏が出馬断念 喜多方市長選、無投票か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い来年1月21日告示、同28日投票で行われる喜多方市長選に出馬意欲を示していた元市議会議長の会社役員伊藤弘明氏(58)が7日、立候補を断念することを表明した。

 市長選を巡っては、自民党で県議を6期務めた元県議会議長の遠藤忠一氏(69)が無所属での立候補を正式表明しており、伊藤氏は福島民友新聞社の取材に「遠藤氏とはずっと同志として戦ってきた。支援者の中でも『無理に選挙戦をすべきでない』との声が高まっている」と理由を述べた。

 現職の山口信也氏(76)=2期=は10月に今期限りでの引退を表明。ほかに候補者擁立を目指す動きもあるが、人選が難航し見通しが立っていない。告示まで残り50日を切り、無投票となる可能性も出てきた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ