現新2氏が立候補 相馬市長選告示、24日に投開票

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う相馬市長選は17日告示され、届け出順にいずれも無所属で5選を目指す現職の立谷秀清氏(66)、新人で元相馬市議の荒川五郎氏(69)の2人が立候補を届け出た。

 4年前の前回と同じ顔触れで、両候補は各選挙事務所で支持者を前に第一声を放ち、24日の投開票に向け7日間の選挙戦に入った。

 復旧・復興を先導してきた現市政の評価が最大の焦点で、2020年度までの国の復興・創生期間を踏まえ、産業再生や子育て支援を含めた市の将来像をどう示せるかが鍵となる。

 立谷候補は市政継続による復興の仕上げを訴え、税外収入による小中学校給食費の無料化など子育て支援策の充実や、財政健全化などをアピールする。

 荒川候補は市民主導の行政運営への転換を強調。幼児教育や高齢者支援に携わる人材の育成と、老人福祉施設の充実、県と連携した企業誘致を掲げる。

 16日現在の有権者数は2万9875人(男性1万4702人、女性1万5173人)。