職員へあいさつ「新しい感覚で行政に」 新野二本松市長離任式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
職員らに見送られ市役所を後にする新野氏(手前右)

 24日に任期満了となる二本松市の新野洋市長(66)は22日、市役所で離任式に臨み、市長としての1期4年を「いろんな出会いがあり、民間の方々が楽しく明るく力を貸してくれた」と振り返った。

 新野氏は職員を前にしたあいさつで、今後の劇的な生活の変化に対応するために「新しい感覚で行政にしっかり取り組んでほしい」と述べた。花束を受けた新野氏は職員や支援者らに見送られ、庁舎を後にした。

 新市長の三保恵一氏(68)は25日に初登庁し、就任式などに臨む。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ