現新一騎打ちの構図 南相馬市長選、告示まで1週間

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い11日告示、21日投開票で行われる南相馬市長選は告示まで1週間となった。いずれも無所属で、3選を目指す現職の桜井勝延氏(62)と、新人で市議の門馬和夫氏(63)が立候補を表明しており、現新一騎打ちの構図が確実な情勢だ。

 東京電力福島第1原発事故に伴う住民避難を考慮して2014(平成26)年の前回に続き、告示から投票前日までの選挙期間を10日間に延長して行われる。

 同市は東日本大震災の津波で県内最多の636人の犠牲者を出した。津波に見舞われた本県沿岸被災地の復興の姿や福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想を軸とした地域振興と発展、医療再生など、南相馬の将来像をどのように打ち出せるかが焦点となりそうだ。

 桜井氏は保育園と幼稚園の無料化の継続や市立小高病院を診療所に再編した市立総合病院との連携強化などを訴える。後援会を中心に支持固めを進めている。

 門馬氏は家庭保育手当や給付型奨学金の創設、市立小高病院の入院機能再開などを掲げる。元市経済部長としての行政経験を前面に知名度向上を図っている。

 市議会の最大会派を含む自民系市議らが門馬氏を、民進系市議らが桜井氏を支持している。

 昨年12月1日現在の有権者数は5万3439人(男性2万6456人、女性2万6983人)。