【喜多方市長選】無投票か?新人・遠藤氏のみ 現職は引退表明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了は2月11日。1月21日告示、同28日投開票で行われる。新人で前県議の遠藤忠一氏(69)が立候補を表明しているほか目立った動きはなく、無投票の公算が大きい。

 現職の山口信也氏(77)=2期=は昨年10月に今期限りでの引退を表明。候補者擁立を目指す動きもあったが、人選が難航するなどして白紙となった。

 無投票となれば、旧5市町村の合併に伴い行われた2006(平成18)年以来12年ぶり。市では15年の市議選、県議選喜多方市・耶麻郡選挙区と無投票が続いており、一部の市民からは「選ぶ権利を行使できない」などと不満の声も聞かれる。