佐藤西郷村長が引退を正式表明 「次の世代に引き継ぐ時きた」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い2月20日告示、同25日投票で行われる西郷村長選で、現職の佐藤正博氏(70)=4期=は19日、「次の世代に引き継ぐ時がきた」として村長選に出馬せず、今期限りでの引退を正式表明した。

 同村で同日開いた後援会支部長会で了承された。終了後、報道陣の取材に応じた佐藤氏は、自身の年齢などに触れ「新たな人材が村政を担うべきだ」と引退理由を説明した。村長選では、既に立候補を表明している新人で元村議の高橋広志氏(63)を支援することを明らかにした。

 佐藤氏は西郷村出身。日大農獣医学部卒。白河市職員、村収入役を経て2002(平成14)年の村長選で初当選し、県町村会長などを務めた。
 村長選を巡っては、高橋氏のほか、新人で村議の佐藤富男氏(68)が立候補を表明しており、新人同士による選挙戦となる公算が大きくなっている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ