振興、まちづくり争点 伊達市長選・候補者アンケート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 伊達市長選は、いずれも無所属で、4選を目指す現職の仁志田昇司候補(73)、新人で元市議の橘典雄候補(68)、新人で元市議の高橋一由候補(65)、新人で元県議の遠藤保二候補(69)、新人で元県職員の須田博行候補(59)の5人が28日の投開票に向け舌戦を繰り広げている。福島民友新聞社は5候補を対象にアンケートを行い、現市政への評価や市長選の争点などを聞いた。

 市政の評価点数と理由を仁志田候補は「75点。待機児童ゼロ、元気な高齢者の増」、橘候補は「0点。除染していないから」、高橋候補は「50点。建設事業遅延、ことごとく失敗している」、遠藤候補は「60点。市民生活としての実感」、須田候補は「40点。市民との対話不足」とした。

 市長選の争点について、仁志田候補は「伊達版CCRC(生涯活躍のまち構想)の取り組み」、橘候補は「震災復興、人口減対策」、高橋候補は「市民と伊達市政との信頼回復」、遠藤候補は「多選による市政のマンネリ化」、須田候補は「伊達市の均衡ある発展」を挙げた。