多くの陣営、地盤の地元で票固め注力 伊達市長選・最終盤へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 28日投開票の伊達市長選は5候補による激しい戦いが続いている。立候補しているのは届け出順に、いずれも無所属で、現職の仁志田昇司候補(73)、新人で元市議の橘典雄候補(68)、新人で元市議の高橋一由候補(65)、新人で元県議の遠藤保二候補(69)、新人で元県職員の須田博行候補(59)。候補者が過去最多の選挙戦が終盤を迎える中、多くの陣営は地盤とする候補者の地元で票固めに力を注ぐ。

 仁志田陣営は終盤、地元保原町での支持拡大を図っていく方針。滝沢福吉選対本部長は「候補者5人という今までにない選挙戦。情勢は何とも言えない」と気を引き締める。

 橘候補は風評被害払拭(ふっしょく)のための市内全面除染を掲げる。遊説などの選挙活動を行わず、独自の戦いを続ける。

 旧伊達町を地元とする高橋陣営は水道料金の値下げなど市民目線の政策を掲げる。佐藤栄治事務局長は「女性支援者の機動力を生かす」と話し、女性票の取り込みに力を入れる。

 遠藤陣営は遊説に加え、人が集まるスーパーの近くで演説を行うなどして支持拡大を図っている。地元は保原町。幕田明博後援会長は「陣営が盛り上がりつつある」と手応えを語る。

 須田候補の地元は梁川町。旧5町の均衡ある発展や農業振興を訴える。霜山幸八選対本部長は「感触は悪くない。やはり最後は地元での支持拡大を図りたい」と力を込める。