新人・須田氏が初当選 伊達市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う伊達市長選の投開票が28日行われ、無所属の新人で元県職員の須田博行氏(59)が、無所属で現職の仁志田昇司氏(73)ら4人を退け、初当選を決めた。

 2006(平成18)年に伊達郡5町の合併で誕生して以来、過去最多の5人が立候補した。須田、仁志田氏のほか、いずれも無所属で新人の、元市議の橘典雄氏(68)、元市議の高橋一由氏(65)、元県議の遠藤保二氏(69)が出馬。市内を通る東北中央道の開通を控え、市の将来像をどう示せるかが問われた。

 任期は2月12日から4年。投票率は54.12%で、前回を5.83ポイント下回った。