新人・遠藤氏が初当選 喜多方市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う喜多方市長選の投開票が28日行われ、無所属の新人で元県議の遠藤忠一氏(70)が、無所属の新人で元市建設部長の菅野康裕氏(62)を破り、初当選を果たした。

 旧5市町村が合併した2006(平成18)年以降で4度目の市長選。市人口は合併時から約8千人減り4万8千人を割っており、両候補が子育て支援や雇用確保などの人口減少対策を中心に舌戦を展開した。

 任期は2月12日から4年。投票率は56.21%で、前回を3.28ポイント上回った。