「現場重視で取り組む」 喜びの朝、遠藤氏決意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
当選を伝える新聞に見入る遠藤氏(左)と妻孝子さん

 喜多方市長選で初当選を果たした遠藤忠一氏(70)は投開票から一夜明けた29日、同市押切南の事務所で選挙結果を報じる新聞に目を通し、妻孝子さん(67)らと喜びを分かち合った。

 遠藤氏は午前5時すぎに起床、普段通り自宅の仏壇に線香を上げて「喜多方のために一生懸命頑張る」と誓った。当選を祝福するメールなどが約150件届き、遠藤氏は「責任の重さを感じる。課題解決に向け、現場重視で取り組む」と決意を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ