「責任の重大さ感じる」 須田氏、当選一夜明け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
当選を報じる新聞に目を通す須田氏

 伊達市長選で初当選した須田博行氏(59)は投開票から一夜明けた29日、同市梁川町の事務所で、選挙結果を報じた福島民友新聞に目を通し、当選の喜びを改めてかみしめた。

 帰宅後や起床後、当選を祝福する電話やメールなどが相次ぎ、対応に追われたという須田氏は「喜びとともに責任の重大さを感じる」と市政を担う重責を実感。

 「気軽に声を掛けてもらえるような、身近な市長になりたい」と話した。