仁志田伊達市長「元気な高齢者の1人に...」 退任式であいさつ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
支援者と握手を交わし、市役所を後にする仁志田市長

 11日に任期満了となる仁志田昇司伊達市長(73)は9日、市役所で退任式に臨んだ。3期12年を振り返りながら「元気な高齢者の1人として世の中を支えていきたい」と話した。

 仁志田市長は職員を前にしたあいさつで「迷うことがあったら基本に戻り、『市民や市の将来のために』を基準に判断してほしい」と述べた。花束を受け、職員や支援者に見送られ、庁舎を後にした。

 新市長の須田博行氏(59)は13日に初登庁する。