新人・渡辺氏が出馬意思固める 昭和村長選、ほか立候補動きも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い4月17日告示、同22日投票で行われる昭和村長選で、新人で元同村産業建設課長の渡辺稔雄氏(64)は22日までに、立候補の意思を固めたもようだ。

 関係者によると、渡辺氏は親しい関係者に既に出馬の方針を伝えているという。渡辺氏は、20年ぶりの選挙戦となった2014(平成26)年4月の前回も立候補した。

 同村長選を巡っては、現職の馬場孝允氏(74)=3期=は今月開かれた3月村議会で引退を表明している。渡辺氏のほかにも、立候補を模索する動きがある。