小熊氏、新党参加に前向き 金子氏、玄葉氏は未定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 希望の党の小熊慎司衆院議員(比例東北)は9日、民進党と希望の党で新党結成に向けた協議に入ることを受け、新党への参加に前向きな意向を示した。22日に会津若松市で開く後援会拡大役員会で、支持者の意見を踏まえ最終判断する。

 小熊氏は希望の両院議員懇談会終了後、福島民友新聞社などの取材に応じ「安倍政権に代わり得る選択肢を一日も早く国民に示すには(野党勢力が)大同団結すべきだ。来年は統一地方選も控えており、新党を結成する時期は今しかない」と述べ、執行部の新党結成方針に理解を示した。

 新党結成に際しては政策や理念の整合性が問われるが、昨年の衆院選で民進、希望間で政策協定を結んだことに言及し「政策や理念の違いは党内で一定の幅に収まっている。一致点で力を合わせ、違う点を乗り越える必要がある」と述べた。

 一方、民進系の衆院会派「無所属の会」に所属する金子恵美衆院議員(福島1区)、民進系で会派に入っていない玄葉光一郎衆院議員(福島3区)は新党への態度を明らかにしていない。