「昭和村長選」告示 無所属新人2人の一騎打ち、選挙戦へ突入

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う昭和村長選が17日告示された。届け出順にいずれも無所属新人の、元村産業建設課長の渡辺稔雄氏(64)と、前村総務課長の舟木幸一氏(61)が立候補、22日の投開票に向け選挙戦に入った。

 渡辺候補が村政の改革を訴える一方、舟木候補は引退する現職の後援会の支援を受けており、選挙戦は村政の「刷新」か「継承」かが争点となる。期日前投票は18~21日午前8時30分~午後8時、村生活改善センターで行われる。

 16日現在の有権者数は1167人(男性566人、女性601人)。