「南会津町長選」「昭和村長選」22日投票 終盤まで舌戦を展開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【南会津】任期満了に伴う南会津町長選は22日投票が行われ、即日開票される。届け出順にいずれも無所属で、元職の湯田芳博氏(67)、新人で元町総務課長の湯田文則氏(61)、現職の大宅宗吉氏(69)=2期=が立候補しており、高齢者福祉の充実や子育て世代の支援などを訴え、最終盤まで舌戦を繰り広げている。

 投票は22日午前7時~午後6時に町内55カ所で行われ、開票は同8時から田島体育館。大勢判明は同9時40分ごろの見通し。

 【昭和】任期満了に伴う昭和村長選は22日投票が行われ、即日開票される。届け出順にいずれも無所属新人で、元村産業建設課長の渡辺稔雄氏(64)、前村総務課長の舟木幸一氏(61)が一騎打ちの選挙戦を展開している。

 投票は22日午前7時~午後6時に村内9カ所で行われ、開票は同8時から村公民館。大勢判明は同9時30分ごろの見通し。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進