初当選・舟木氏に「当選証書」 昭和村長選、村役場で付与式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
当選証書を受ける舟木氏(右)

 任期満了に伴う昭和村長選で初当選した舟木幸一氏(61)への当選証書付与式は23日、村役場で行われた。任期は29日から4年。

 渡辺重雄村選管委員長が舟木氏に証書を手渡し、「人口減少への対応など課題は山積している。村民の負託に応えてほしい」とあいさつした。

 投票率92.29%、期日前は100人増

 昭和村長選の投票率は92.29%で、4年前の前回の91.61%を0.68ポイント上回った。期日前投票は前回の325人を100人上回る425人となり、投票日前に1票を投じる人の姿が目立った。

 9カ所の投票所別では、松山地区が最も高い97.73%。小中津川地区が最も低い83.10%だった。当日有権者数は1167人(男性566人、女性601人)、投票者数は1077人(男性528人、女性549人)。