昭和村長選初当選・舟木氏が初登庁 「生活に寄り添い村政を」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花束を受ける舟木氏(右)

 任期満了に伴う昭和村長選で初当選した舟木幸一氏(61)は1日、初登庁した。

 舟木氏は村役場前で職員から出迎えられ、花束を受けた。続いて着任式に臨み「少子高齢化など村の課題に真正面から向き合う。村民の生活に寄り添いながら村政を執行したい」とあいさつした。

 任期は4月29日から4年。