玄葉光一郎氏「立民、国民の本気を見極め」 無所属の会に加入

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国民民主党の結党に伴い旧民進党を離党し無所属となった玄葉光一郎元外相(衆院福島3区)は9日、衆院会派「無所属の会」に加入した。

 玄葉氏は会派側から入会要請を受け「政権を担う大きな固まりをつくるための接着剤になるとの趣旨に基本的に賛同している」と理由を説明。野党結集に向け「立憲民主、国民両党が本気で政権を奪取するための強い意思があるのかを見極める上で、会派で活動する方が有効であり、自らの役割を発揮しやすいのではないか」との認識を示した。

 玄葉氏は昨秋の衆院選で旧民進、希望両党の合流を巡る候補者調整を担い「不本意な結果に終わったことのけじめ」として、単独の「1人会派」の立場で活動してきた。しかし、国民の結党により「一つの区切りを迎えた」としている。

 無所属の会には、旧民進を離党した金子恵美氏(衆院福島1区)も所属しており、会派内で政策を担当する