現職・加納氏が正式に出馬表明「まちなか再生を」 石川町長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い8月28日告示、9月2日投票で行われる石川町長選で、無所属の現職加納武夫氏(80)=3期=は5日、町内で会見し、立候補を正式に表明した。

 加納氏は「人口減少に歯止めをかけ、まちなか再生を進める。道の駅や鉱物資料館、認定こども園の形を整え、子どもたちが住み続けたいと思えるようにしていく」と述べた。

 町長選を巡っては、これまでに無所属の新人で元県議塩田金次郎氏(70)が立候補を表明している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進