浪江町長選・初当選の吉田氏らに「当選証書」 町役場で付与式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本田委員長から当選証書を受ける吉田氏(左)

 故馬場有前町長の辞職に伴う浪江町長選で、新人同士の一騎打ちを制した吉田数博氏(72)への当選証書付与式が6日、町役場で行われた。

 本田彰三郎選管委員長が吉田氏に当選証書を手渡し「町民の付託を心に留め置き、町の新たな歴史をつくるため職責にまい進してほしい」と述べた。

 吉田氏は「町民の期待に応えるべく、まちづくりに取り組んでいきたい」と抱負を語った。任期は5日から4年。吉田氏は7日、初登庁する。

 また、吉田氏の辞職に伴う町議補選で当選した新人で農業の大浦泰夫氏(63)にも本田委員長から当選証書が手渡された。大浦氏の任期は残任期間の2021年4月30日まで。