新人・門馬氏が立候補の意思 福島県議補選、相馬・新地選挙区

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 現職の死去に伴い、今月31日告示、9月9日投票で行われる県議補選相馬市・新地町選挙区(欠員1)で、新人で相馬市議の門馬優子氏(47)が7日までに立候補の意思を固めた。自民党相馬、新地両支部は今後、党県連に公認を申請する。

 同県議補選を巡っては、新人で相馬市議の荒秀一氏(67)が立候補の意思を示しており、選挙戦となる公算が大きい。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ