無所属新人の荒氏が初当選 県議補選相馬市・新地町選挙区

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県議補選相馬市・新地町選挙区(欠員1)の投票は9日行われ、即日開票の結果、無所属新人の元相馬市議荒秀一氏(67)が1万917票を獲得、自民新人の元相馬市議門馬優子氏(47)との一騎打ちを約3400票差で制し、初当選を飾った。

 任期は選挙会で当選が確定する11日から前職の残任期間となる2019年11月19日まで。