現職・新人『一騎打ち』 金山町長選・告示、高齢化対応が争点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う金山町長選は25日告示され、届け出順に新人で元副町長の押部源二郎氏(69)と、現職の長谷川盛雄氏(72)=1期=の無所属2氏が立候補を届け出た。投開票は30日。

 町の高齢化率は県内で最も高い58.4%(8月1日現在)。急速に進む少子高齢化への対応や、2021年度に全線再開を目指すJR只見線の利活用などが争点となる。

 期日前投票は26~29日の午前8時30分~午後8時に町役場と町役場横田出張所で受け付ける。30日の投票は町内22カ所で行われる。

 24日現在の有権者数は1965人(男性941人、女性1024人)。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ