福島県議補選「5選挙区」19日告示 伊達市・郡は新人一騎打ち

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 現職の辞職などに伴う県内5選挙区の県議補選は19日、告示される。このうち伊達市・伊達郡選挙区には新人2人が立候補を表明しており、選挙戦が濃厚。残る4選挙区は無投票となる公算が大きい。投票は知事選と同じ28日。

 伊達市・伊達郡選挙区(欠員1)で立候補を表明しているのは、新人の佐々木彰氏(53)=自民=と大橋沙織氏(27)=共産=の2人。福島市(同)は元職の丹治智幸氏(46)=自民、田村市・田村郡(同)は元職の先崎温容氏(44)=自民、白河市・西白河郡(同)は新人の三村博隆氏(48)=無所属、喜多方市・耶麻郡(同)は新人の渡部信夫氏(58)=自民=がそれぞれ立候補を表明している。

 立候補の届け出は午前8時30分~午後5時、伊達市役所保原本庁舎、福島市民会館、田村市役所、白河市役所、喜多方市役所本庁舎の各会場で受け付ける。

 10日現在の各選挙区の有権者数は、伊達市・伊達郡が8万2923人(男性4万261人、女性4万2662人)、福島市23万7647人(男性11万4830人、女性12万2817人)、田村市・田村郡5万5736人(男性2万7394人、女性2万8342人)、白河市・西白河郡9万1963人(男性4万5617人、女性4万6346人)、喜多方市・耶麻郡6万4093人(男性3万656人、女性3万3437人)。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進