現職・室井氏出馬表明「誠心誠意で市政執行」 会津若松市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年8月6日の任期満了に伴う会津若松市長選で、現職の室井照平氏(63)=2期=は10日、3選を目指して立候補することを正式に表明した。

 室井氏は開会中の12月市議会の一般質問に答え「輝かしい会津若松市の創生に向け、私の持てる力の全てを傾注し、誠心誠意、引き続き3期目に向けて一日一日着実に市政執行に当たる」と出馬を表明した。

 市長選を巡っては、市議の阿部光正氏(68)が立候補の意向を表明している。ほかにも立候補を探る動きがあり、8年ぶりの選挙戦となる公算が大きい。