議員定数を2削減 金山町議会、12月の町議選から適用へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 金山町の3月議会は14日、最終本会議を開き、議員定数を2削減し、現行の10から8とする委員会提出の条例改正案を賛成多数で可決した。削減後の定数は、12月21日の任期満了に伴う町議選から適用される見通し。

 県町村議会議長会によると、定数8は三島、双葉、中島、檜枝岐、葛尾5町村と並び、県内で最少。

 経済状況や社会情勢を踏まえ、昨年9月に設置した特別委員会で検討してきた。採決は賛成8票、反対1票だった。