新人・田崎氏が立候補意思固める 柳津町長選、選挙戦の公算大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い6月18日告示、同23日投票で行われる柳津町長選で、新人で町議の田崎為浩氏(58)は15日、立候補の意思を固めた。新人で町議の小林功氏(56)も出馬する方針で、4年前の前回に続き選挙戦となる公算が大きくなった。

 田崎氏は福島民友新聞社の取材に対し「新規就農者が農業をなりわいに、継続して生活していける仕組みづくりや、只見線全線復旧を見据えた外国人観光客への対応強化などに取り組みたい」と語った。

 同町長選を巡っては、現職の井関庄一氏(71)=4期=は引退を表明している。