新人・小林氏が出馬正式表明 柳津町長選、選挙戦か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い6月18日告示、同23日投票で行われる柳津町長選で、新人で町議の小林功氏(56)は19日、会津若松市で記者会見し、立候補を正式表明した。

 小林氏は「町は少子高齢化や過疎化が進み、多くの課題を抱える。課題を解決し、町民が生きがいを持って生活できる町づくりをしたい」と語った。

 同町長選を巡っては、現職の井関庄一氏(71)=4期=は引退を表明。小林氏のほか新人で町議の田崎為浩氏(58)も立候補の意思を固めており、前回に続き選挙戦となる見通し。

 小林氏は柳津町出身。国士舘大法学部卒。2008(平成20)年3月の町議選で初当選し、現在3期目。副議長などを務めた。