参院選、福島県議選『必勝』期す 自民県連定期大会で決議採択

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
参院選や統一地方選で必勝を期すための特別決議を採択した自民党県連の定期大会

 自民党県連は24日、福島市で定期大会を開き、参院選や県議選、市町村議選で必勝を期すための特別決議を採択した。

 特別決議には、参院選福島選挙区に党公認で立候補を予定する現職の森雅子氏の圧勝と、比例代表候補の全員必確に全力を尽くすと明記。県議選でも公認候補の全員当選を果たすとした。森氏は「皆さんの努力と現政権の力でここまで復興が進んできた。必ず議席を守り抜く」と決意表明した。

 大会では、根本匠県連会長が「選挙の年。国民政党として一致結束して選挙に臨む」とあいさつした。橋本聖子党参院議員会長、内堀雅雄知事、吉田栄光県議会議長、今井久敏公明党県本部幹事長、轡田倉治県商工政治連盟会長が祝辞を述べた後、太田光秋党県連幹事長が党情を報告した。

 このほか、復興五輪を来年に控え、「新生ふくしま」を全世界に発信するとした大会アピールを採択。党本部「東日本大震災復興加速化本部・福島会議」との連携強化などを盛り込んだ今年の活動方針も決めた。