矢祭町、三島町「選挙戦」へ 統一地方選、5町村長選16日告示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第19回統一地方選後半戦で、任期満了に伴う玉川、古殿、矢祭、檜枝岐、三島の県内5町村長選は16日、告示される。このうち矢祭町と三島町は選挙戦となる見込みで、投票は21日に行われ、即日開票される。

 矢祭町長選は、いずれも無所属で新人の佐川正一郎氏(67)と鈴木正美氏(61)が立候補を表明しており、前町議同士による一騎打ちとなる見通し。

 三島町長選はともに無所属で、現職の矢沢源成氏(67)=1期=と、新人で元県監査委員事務局長の二瓶辰右エ門氏(65)が立候補を予定している。

 このほか玉川村長選は現職の石森春男氏(68)=無所属、3期、古殿町長選は現職岡部光徳氏(60)=無所属、4期、現職が退任する檜枝岐村長選は新人の副村長星明彦氏(63)=無所属=が立候補を表明。

 3町村長選にはこのほかに立候補の動きはなく、無投票当選となる公算が大きい。