喜多方市議選...確定票発表ずれ込む 市選管「選挙会説明に時間」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 21日行われた喜多方市議選の開票作業で、候補者の票数確定から発表まで約25分を要した。これにより確定票の発表が開票終了予定としていた午後11時30分から約20分ずれ込んだ。

 市議選は同9時30分ごろに開票作業を始め、同11時25分に得票数が確定したが、発表は同11時50分ごろとなった。

 このため、開票所の同市押切川公園体育館に集まった報道関係者からも問い合わせが相次いだ。市選管は「開票作業に問題はなかったが、確定後の選挙会の説明に時間を要した」としている。

 県選管によると、立会人の署名や選挙録の作成などを経ないと正式な確定とはいえないため「市選管は慎重な確認作業を行っていたのではないか」としている。