内堀知事、参院選は「中立的な対応」 政策の具体化実行を期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内堀雅雄知事は17日の定例記者会見で、今夏の参院選への自身の対応について「特定の政党に対してうんぬんということはなく、中立的な対応になると思う」と語った。

 内堀知事は「『県民党』として、多くの政党の皆さんから支援をいただく中で2回の知事選を過ごしてきた」と理由を説明。選挙戦で求める政策については、7日の政府予算要望で掲げた復興と地方創生に関する項目を踏まえ、「参院選の公約にどこまで落とし込むかは(各党の)立場もある。できれば公約に、そして選挙後は政策の具現化を実行していただけることを期待している」と述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区