JR広野駅東側のホテル、18年秋に開業見通し 福島・広野の復興拠点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県広野町が復興拠点とするJR広野駅東側地区の再開発計画で、現地に進出する7階建てホテル「ハタゴイン福島広野」(仮称)の開業が2018年秋になる見通しとなった。

 全国で宿泊施設を展開するソラーレホテルズアンドリゾーツ(東京)が、事業会社のひろのプログレス合同会社と25日付でホテル運営委託契約を結んだと発表した。

 ソラーレ社による新しいホテルブランド「ハタゴイン」の3店舗目。客室は和を基調とした全222室で大浴場やレストラン、多目的ホールを備える。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進