「菜の花」で農地再生へ 南相馬で種まき会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
約130人が参加した菜の花の種まき

 南相馬農地再生協議会は28日までに、南相馬市原町区萱浜の農地で「菜の花の種まき会」を開いた。

 東日本大震災、原発事故からの農地再生が目的。相馬農高の生徒らを含む県内外から約130人が参加した。

 参加者は約50アールの畑に一列になって菜の花の種をまいた。

 今後、収穫した菜種で菜種油を作る予定という。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進