南相馬の復興状況学ぶ 早大生が視察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
横田社長(右)から説明を受ける学生たち

 早稲田大政治経済学部の高橋恭子ゼミ(メディア・ジャーナリズム演習)所属の学生12人は4日までに、南相馬市を訪れ、震災と原発事故からの復興状況を確認した。

 みなみそうま復興大学の支援を受け3日間、東北電力原町火力発電所や福島ロボットテストフィールドなどを見学した。

 このうち、同市の福島エコクリートでは、横田季彦社長が「石炭灰リサイクルの現状と事業概要」と題し、取り組み内容を説明した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進