津波浸水想定区域図を公表 福島県、沿岸10市町対象に見直し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
津波浸水想定区域図の全体図

 福島県は20日、東日本大震災の津波を受け、本県沿岸部の10市町全域を対象に見直しを進めていた津波浸水想定区域図を公表した。

 発生の可能性がある最大級の津波を想定しており、最大水位は22.4メートル、県全体の浸水域は震災時の津波の約1.3倍に当たる1万4千ヘクタールとなった。  各市町は今後、浸水想定を基にハザードマップを作成し、地域住民らに避難計画を周知する。

 最大級の津波は千年に1度程度とされる東日本大震災の断層モデルと、房総沖を波源とする茨城県のモデルを想定。

 最悪の事態に備えるため、満潮時の海面潮位や地盤沈下も考慮し、被害が大きくなる方の津波高や浸水域などを整理した。

 津波浸水想定区域図は県河川計画課のホームページ(https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41045a/tsunami‐shinsuisoutei.html)に掲載されている。

◆津波浸水想定区域図

新地町

相馬市(1)

相馬市(2)

南相馬市(1)

南相馬市(2)

南相馬市(3)

南相馬市(4)

南相馬市(5)

浪江町

双葉町

大熊町

富岡町

楢葉町(1)

楢葉町(2)

広野町

いわき市(1)

いわき市(2)

いわき市(3)

いわき市(4)

いわき市(5)

いわき市(6)

いわき市(7)

いわき市(8)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補