星北斗座長に聞く 県民健康管理調査検討委員会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
星北斗座長に聞く 県民健康管理調査検討委員会

「説明責任を果たし、安全、安心を呼び起こしたい」と、部会設置の狙いを語る星座長

 県民健康管理調査検討委員会の星北斗座長(県医師会常任理事)に甲状腺検査評価部会を新設した目的や果たすべき役割を聞いた。

 --甲状腺検査に特化した部会を立ち上げた理由は。

 「福島医大が行ってきた甲状腺検査の内容に不備はないと思っているが、県民から検査に対する不安や心配の声がある以上、検討委はその声に応えて県民に知らせるべきことを明らかにしなければならない。県民への説明責任を果たし、結果として安全、安心を呼び起こすことにつなげたい」

 --具体的な取り組みは。

 「現時点で確認された甲状腺がんに原発事故の影響があるかどうか、確かに分からない部分がある。部会には外部から甲状腺や疫学の専門家に入ってもらい、福島医大から提供を受けた検査のデータから患者それぞれの症例を掘り下げ、疫学的な考察を加えてデータが持つ意味を考えていく」

 --県内外から甲状腺がんと原発事故との因果関係を不安視する声が出ている。

 「原発事故の影響をめぐって、さまざまな意見を主張する人がいるのは承知している。どのような科学的根拠に基づいて主張しているのか、予断を持たず、そうした人たちの意見も聞いてみたい。部会には第三者の立場から見解を示し、データを検証することが求められると思う。われわれの目でしっかりと確認して説明することで検査結果への理解が進み、誤解があれば解けるのではないか、と考えている」

民友セレクション